FC2ブログ
当ブログは日本の悪徳医師・悪徳病院を徹底的に叩くためのブログである。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国保の負担額が53万から56万になると前回述べた。
年収400万の人は56万円も医療に金が吸い取られるのだ。

ちょっと待って欲しい。

医者の平均年収は1500万。
教員の平均年収は800万程度である。

医療・教育・・・どちらも国の基幹産業だ。
なぜ、医者の方が偏って年収が多いのか。

やはり、医者の儲けすぎに起因があるのである。

________________________________________________________________________________________________________________________

国民の皆さんへ

医師の平均年収を800万
すなわち公立学校の教員並の年収にするように、
保険点数・診療報酬を低下せしめれば、

皆さんの医療費に対する税負担は大幅に改善されます。
医療費が高すぎる・医師の報酬が高すぎるという運動を起こしましょう。

________________________________________________________________________________________________________________________

上の 国民の皆さんへ

という文章は私の心からの文章である。

医者の金儲け主義さえなくし、医者の平均年収を800万くらいに押さえ込めれば、何人の国民が喜ぶだろうか。

年収400万位しかないのに年56万取られている君、
涙が出てこないか?

年収2000万以上あって、高額の社保を負担しているのに、生活保護と同じレベルの医療しか受けられない君、涙が出てこないか?

ともかく医者の報酬を大幅に減らし、国民全体の税負担を減らす。
さらに、高年収者用に、高度医療施設を作る。

米国はすでにそうしている。

有能ならともかく、無能な医者に年収1500万もやる必要はないし、
高額納税者が、生活保護と同レベルの医療しか受けられないというのもおかしい。

例えば、国保で53万という最高額まで納めている人間が、3時間待ちの3分医療しか受けられないというのは間違っているのである。50万以上納めている人間は3分待ちの1時間医療で遇するべきである。

医療費負担の少ない国民は、年収500万以下の研修医や無能医師しかいない病院で医療を受けるようにし、医療負担の高い国民は年収1500万くらいの中堅以上の有能医師の医療を受けられるようにするべきである。

医者も若いうちは無能だ。
だから患者が練習台にならざるを得ないのは仕方がない。
しかし、練習代になる患者は納税額の少ない国民に限るべきである。

0円負担の生活保護と53万負担の国保が受ける医療が同じだから不平不満が起こるのだと考えられる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ちょっと待ってほしい
>医療・教育・・・どちらも国の基幹産業だ。
基幹産業の意味を勉強しなおされたほうがよろしいかと思われます。

>なぜ、医者の方が偏って年収が多いのか。
>やはり、医者の儲けすぎに起因があるのである。
質問提起に対する答えになっていません。
2006/12/16(土) 18:53 | URL | bye #-[ 編集]
管理人よ、毎日毎日、こんなくだらぬ文章を、
よくたくさん書き続けられるものだな。
おまえさんがどうやってメシを食っているかは
知らないが、おまえのようなバカな暇人が
生きているということ自体が、この国の汚点だ。
まず、おまえのようなクズを抹殺していく
ことを考える、これが日本の最初の課題だ。
医療とか医者とかいうのは、おまえのような
人間が全て消え去ってからの課題だな。
2006/12/16(土) 22:38 | URL | #-[ 編集]
「米国はすでにそうしている。」
米国はすでにそうしている。
とあなたは書いているが、あなたはアメリカの医療を全く知らないのですね。アメリカの医療制度は基本的に自由診療です。株式会社病院が認められているので、病院は投資家のために売り上げを伸ばさなければなりません。日本のように画一的な診療報酬制度があるわけではありません。日本では、患者の収入や資産に関わらず、3割負担が基本です。ある医療行為についての保険点数も決まっています。ところがアメリカでは、患者と病院・医師の間に民間保険会社(日本で言う生保です)が介在し、患者がどのクラスの保険を契約しているかによって、患者の負担額はバラバラです。また、契約している保険によって、受診できる病院の種類が決まっています(日本では国保だから○○病院には行けない、ということはないですね)。掛け金が高い保険の契約者ほど、多くの病院を受診でき、しかも、掛け金が高いほど、患者の自己負担率は割引されます。病院や医師の報酬は、日本とは異なって、患者と病院・医師を仲介している民間保険会社が支払います。クラスが高い保険を契約している患者のケースほど、その民間保険会社から病院・医師に対する報酬は高くなります。市場原理ですから当たり前ですね。民間保険会社と契約できない貧困層のために、公的な保険(メディケア、メディケイド)はありますが、民間保険に比べると病院・医師に対する報酬が少ないため、病院に門前払いされるケースが多いです。アメリカでは医療も市場原理で動きますから、日本のように、病院や医師は患者を断ってはいけないということはないのです。クリントン政権が日本のような国民皆保険制度を導入しようとしたが、議会や世論の反発によって潰れたことはあなたもご存知では? アメリカでは公的保険にも加入できない人が国民の7分の1を占めています。彼らは「言い値」で医療を受けなければならず、医療破産はアメリカの破産の理由の主要なものとなっています。こういう厳しい現状の一方で、富裕層はアメリカの最先端の医療を存分に受けることができます。あなたがアメリカにどんな幻想を抱いているのかは知りませんが、アメリカの医療は世界で最もカネに忠実であることは確かです。医師の報酬も日本よりずっと高いですよ。医療を批判する前に、勉強してください。何も勉強しないで、医師を叩きたいあまりに文句を書いていては、全く説得力がないし、あなたのためにもなりません。
2006/12/17(日) 01:16 | URL | Herman #taUtUoBc[ 編集]
最後の方は珍しくまともなことをおっしゃいましたね
>0円負担の生活保護と53万負担の国保が受ける医療が同じだから不平不満が起こるのだと考えられる。
一面的には同意しますよ。ただし53万負担でも十分それに過ぎた医療が受けられますけどね。
2006/12/17(日) 17:06 | URL | >< #ILnYFO8M[ 編集]
責任・義務と報酬
医師の給与を下げるのは結構です。そのかわり、ミスしても高額の賠償請求しないでください。患者さんが亡くなっても責めないでください。訴えないでください。夜中に診療受けられなくても文句言わないでください。夜中に呼び出さないでください。夏休み、冬休みをたくさんください。

学校教諭は生徒が受験に失敗しても訴えられたり、賠償を求めまれません。夜中の緊急の呼びだしに備えるためお酒を飲まないということもしませんよね。生徒が自殺して多少槍玉に挙げられても実名報道されることもなく、刑事責任をとらされたりしませんよね。

我々医療関係者にもそのような待遇をとっていただけるのなら給料も同じにしていただいて結構だと思いますよ。

責任や義務だけ重く、報酬は低いのであればまさにハイリスクローリターンの職業となり、誰も医者になりたがらないでしょう。

そういった点を考慮せずにただ給料の額を言うのであればそれは失礼ではないでしょうが?

ちなみに、生涯給与(死ぬまでに受け取る給与の総額)は、銀行員・一部上場の大企業のほうが、医者よりも高いとご存じでしょうか?
2006/12/18(月) 11:43 | URL | satori #-[ 編集]
医療費が高いは医師が高額報酬だからは全くの誤解
確かに、国保の保険料は高いです。
よく国民から文句がでないものだと思っていました。
けれども、実は医療費はさらに高額でして、みんなから集めた保険料だけでは足りないから、税金から医療費が補填されているんです。
つまり、実際はもっともっと医療費がかかっているんです。

さて、異論もある暴論ですが、国保が高いというなら、いっそのこと、国民皆保険なんて一切やめるというのも一法です。
アメリカみたいに、みんな自由診療にするんです。公的保険はなし。
毎年50万円も国民保険の保険金を払うなら、10年で500万円にもなります。
なら、病気の時のために500万円は貯金しておくのです。
開腹術をしても500万円あれば足ります。
一生のうち一回の手術に500万円かかる事は何回もあるものではないし。
ちょっとした病気なら全額自費で支払えると思います。
たまに病気になったら自費で払えばいいのです。
だから、国保いりません。
そういう考えも成り立ちます。

けれども、国民皆保険をなくし、アメリカみたいな医療制度が導入されたら(国はそれをねらっているかも。なんせ医療費に税金を投入しなくて済むわけで)、深夜に子供が発熱しても朝まで我慢させるのが当たり前の事になるでしょうね。
自由診療になればアメリカのように医療費が高騰するのは避けられないでしょう。

医療費が高いのは医師が高額報酬だから、というのは、全くの誤解です。
実態は、全くの逆です。
一見、医師高額報酬にみえるのは、病気が日勤の9時~5時の8時間内に発生するわけではなく、24時間カバーしている料金になっているからです。実質、14~36時間労働。
例えば、会社員が夜昼2つの会社に通勤して2カ所からサラリーをもらっているとお考え下さい。報酬が倍になっても当然ですよね。
(それでも、医師には時間外手当が完全には支払われておりません。)
仮に医師の報酬を労働基準法の計算式(時間外労働、深夜割増ありならば)に当てはめれば、年収3000万円以上になってしまう。
だから、医師も、いえ医師こそ、医療費の適正化を願っております。

年俸1500万円というのは、民間病院の求人の報酬をさしておられるのだと思います。
確かに、医師が大学派遣ではない、全くの民間病院は医師の確保が困難ですから、この2年で報酬も高騰しました。
市場価格になっているので高額です。
でも、ならば何故、医師は民間病院に殺到しないのでしょうか?
何故、楽して高額報酬が受け取れる民間病院は年中、医師募集なのでしょうか?
お金の事だけなら、民間病院に就職したい医師でいっぱいになってもいいはずなのに。
その辺は、どう理解されていますか?
不思議ではありませんか?

2006/12/18(月) 19:35 | URL | ロリ医 #-[ 編集]
ネタブログにマジレスカッコイイ!!
2006/12/19(火) 03:38 | URL | DQNDRGIFU #-[ 編集]
まともな内容には反論できず・・・
きっちりとした内容の意見や、数字をきちんと挙げた意見には反論できないようですね。

たいして影響力のあるブログでもありませんが、好き勝手言いっぱなしで、誤った情報を平気で垂れ流しするのは、トラフィックスのむだ遣いですねぇ。
2006/12/20(水) 09:02 | URL | satori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。