当ブログは日本の悪徳医師・悪徳病院を徹底的に叩くためのブログである。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1178494707/28-29 より

 慈恵医大病院血管外科の大木隆生教授(44)は、米アルバートアインシュタイン医大病院の血管外科教授を兼務する。
大木教授が卒後7年目の医師の待遇を両病院で比較したところ、大きな差があった。 ア大の年収は約2500万円で慈恵医大の5倍強。労働時間はア大の週50時間に対し、慈恵は80時間。
ア大では、個室と専属秘書がつき、当直もない。「腕に差はない」(大木教授)のに、なぜこれほど違うのか。
 日本の医療費は年間総額約32兆円。国内総生産(GDP)に占める割合を経済協力開発機構(OECD)30か国で比較すると、日本は8%で、21番目。米国(15.3%)、スイス(11.6%)に比べ低く抑えられている。
「米国の大学病院では、ベッド数当たりの看護師が(日本の)5倍はいる。事務職員も同程度。日本では、医師が看護師や事務職員の仕事の多くを担うことで医療費を切り詰めてきた」と、大木教授は指摘する。
________________________________________________________________________________________________________________________

日本の医者は低能な者が多く、ヤブなのには、
エリート構想というものがないせいもあると思う。

アメリカは成功の国、努力した者にはそれなりの待遇がある。

ところが、日本の場合は、権威の国。
多くの医師は医局の犬として生きるしか能がなく、まさに媚を売り続ける無様な人間が多かったわけである。媚を売ることに終始するから、能力が低い医師が多いのかもしれない。
実際、T大ではこう治療するのだ、K大ではT大とは違うこう治療するのだ・・・と教授や医局の意向が治療方針まで影響を与える。医局の権威のぶつけ合いで、患者は治療上不利益を受けることも多いのだ。これが日本の医療の現実である。

誇り高き狼達がうまい思いをする国と、
プライドのかけらもない下僕犬達が大人しく群れている国の違いである。

日本の医師は、人間としてレベルが低すぎる。
その結果、医療のレベルも低いものになっていると言わざるを得ない。

日本人医師が優秀ならば、米国に渡り、そこで名を上げ成功者となり、米国の医療システムを日本に持ち帰らなければならない。しかし、日本人医師が今行っていることは、医療崩壊である。

エリートとしてのプライドをもち、成功者になり、世の中の発展に寄与する・・・という考えが日本の医師には無い。医局の中でまわりの人間と同じような汁をすすりながら何の疑問も持たず、持ったとしてもそれをすぐに心の底にしまい、生きていくしか能がないのが大半なのだ。

医局でなくても、日本人体質が染み渡った病院で同じような生き方だ。疑問があっても反論などしない。つまらない、金太郎飴のような個性しかない日本の医師。せいぜいこのブログなどのコメント欄やネットの掲示板に愚痴を書くしか能がないのだ。

米国のような弱肉強食主義から離れすぎている日本の医師は、何と甘い環境にいることだだろう。実に甘えた奴らだ。年収3000万欲しければ、甘えてないで働け。
________________________________________________________________________________________________________________________

私の勤める会社だが、私には、個室と専属秘書がついている。
さらには、専属税理士までついている。
秘書は司法書士であり、法的文書の手続きやスケジュール管理など全て行ってくれる。税理士は確定申告のとき、毎年計算して書類を作ってくれる。また、会社には顧問弁護士もおり、法的闘争の準備も万全だ。

これは、弱肉強食の世界を生き抜いてきたからもらえる待遇である。
はっきり言っておくが、努力もせずにもらえるわけがないのだ。

米国の医師の7年目で年収2500万+個室+専属秘書という待遇も全員がもらえるわけではない。優秀だからもらえるのだ。

日本人医師の多くは、渡米してもこの待遇を得ることはできないだろう。なぜなら、日本人医師の多くは無能だからだ。
有能ならとっくに米国に行っており、年収2500万+個室+専属秘書の地位を得て、米国でプール付き豪邸を買っているだろう。

日本の医師は自分達の地位は不遇だと嘆く。
しかし、それは大きな勘違いをしている。

有能だと思うのなら、今すぐ米国に行って、年収2500万を得ればよい。
それもせずに、日本の医師は年収が低いなどと嘆いても、それは自分が無能なだけなのだ。

大体、日本の医師全員に年収2000万以上などもってのほかである。

一部の有能な医師だけが年収2000万以上を得るべきであって、
無能な医師は年収500万以下で充分である。

今、会社でも同じことが起こっている。
優れたマネジメント能力やマーケティング・営業ができる一部の人間が年収1000万以上を得て、誰でもできる作業労働しかできないものは、常勤ではなく、フリーターたちの仕事になっている。

医師も採血や点滴しかできない研修医は、フリーター並の年収300万が当然であるし、その後成長しない医師は、年収500万もあれば上等である。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほぉ
なるほど、支店長は日本の低能な医師のコメントにもろくに反論できない無能人間だということですね。

プライドのかけらもない下僕犬達の中で、ゴマすり競争社会を生き抜いてきたというだけでこんな無能支店長が生まれてしまうのである。

支店長。自分が有能(というか日本の医師より低能でない)だと思うのなら、今すぐ自分の記事に対するコメント全てに反論し、論破してみればよい。
それもせずに、日本の医師は低能などとほざいても、負け犬の遠吠えなだけなのだ。
2007/05/08(火) 00:26 | URL | 支店長適正化委員会 #f9KvSbU6[ 編集]
なんだか見てていかに支店長が論理的思考力に欠け、歪んだ人間かがわかります。

アメリカに日本人医師が行ったらそれこそ医療崩壊ですが、その点について支店長にお答え願いたい。

もう一つ。あなたはもし自分の命を日本人医師に救って貰ってもその医師を無能だと言いますか?お答え頂きたいです。

あなたがどれほど偉い方か知りませんが、たとえ総理大臣でも医師を無能と言う資格はないでしょう。判断基準がありませんから。

また、このようなブログを書いている時点でとても尊敬できる人間ではありません。
経済界、医学界、政界、、様々な分野がありますが、それぞれにおける偉人はみな謙虚で他人を尊重し、協調性があります。
支店長にこれらがあるでしょうか?ご自分で良くお考え下さい。
2007/05/08(火) 21:28 | URL | 医学生 #-[ 編集]
ぷっ、
>秘書は司法書士であり、法的文書の手続きやスケジュール管理など全て行ってくれる。

寝言は寝て言え。
この日本のどこに、「スケジュール管理」なんかやる「秘書」の「司法書士」ってのがいるんだバカ。
2007/05/10(木) 16:23 | URL | t_f #Ei04aunU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/14(月) 21:47 | | #[ 編集]
服飾小物(帽子・ネクタイ・ベルト等)
服飾小物(帽子・ネクタイ・ベルト等)を探すなら http://www.carrot-import.com/216131/100454/
2008/09/27(土) 04:22 | URL | #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/23(金) 19:20 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/23(金) 20:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。