当ブログは日本の悪徳医師・悪徳病院を徹底的に叩くためのブログである。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遺産の現金16億円を床下に隠す 開業医の妻(72)を相続税法違反容疑で逮捕

岐阜市の開業医の遺産相続にからみ、16億円を超える現金を隠していたとして、岐阜地検は
28日、妻で同市城田寺、無職河田周子容疑者(72)を相続税法違反(脱税)の疑いで逮捕した。
名古屋国税局から告発されていた。申告した際に現金を除外し、耐火金庫に入れて自宅の床下
などに隠していたという。脱税額は約7億2000万円で、同国税局管内の相続税の脱税事件と
しては過去最大規模とみられる。河田容疑者は同国税局や岐阜地検の事情聴取に対して
「(現金があることを)知らなかった」などと容疑を否認していたという。

関係者の話を総合すると、河田容疑者は、夫が05年10月に73歳で亡くなった後、自宅や市内に
持っていた土地・建物の不動産のほか、現金などを長男や長女とともに引き継ぎ、遺産総額は
約19億5000万円に上った。しかし、06年7月、岐阜北税務署に相続税の申告をした際、不動産
など約2億6700万円を申告したが現金約16億円を除外し、相続税約7億2000万円を免れたと
される。

除外された現金は河田容疑者が数千万~4億円ほどに分けて耐火金庫に入れ、自宅や離れ、
土蔵の床下に隠していたという。診療所を引き継いだ長男と、すでに嫁いでいる長女は相続税の
申告を河田容疑者に任せていたといい、脱税には関与しなかったとみられる。

申告後の06年冬ごろ、同国税局の査察(強制調査)で床下に隠した耐火金庫が次々と見つかった。
同国税局は河田容疑者による悪質な遺産隠しの疑いがあるとみて今月15日に告発。岐阜地検は
河田容疑者から任意で事情を聴いたが容疑を認めず、逮捕に踏み切った。


6 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 19:59:32 ID:qCFKjMON0
国税GJ

医者はみんなやっとるぞ

このババアもあの世には金、持ってけねーのに。オレにくれよ

74 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:21:56 ID:X8a1IjXH0
医者は儲かるのう 医者が一番いいわ
子供は医者にすべきだよな それも開業医が一番。

98 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 20:31:15 ID:BWPPE5mx0
やっぱ丸儲けできるのは医者と坊主か。


203 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 22:25:11 ID:DdCUidge0
医者儲かりすぎ

226 :名無しさん@八周年:2007/11/28(水) 23:53:41 ID:RPqkIik+0
医者死ね。
_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

16億・・・
年末ジャンボが5回あたっても達成できない額です。

医者が儲けすぎであるということが判明しました。
それだけ、日本の財政を圧迫しているのです。

日本が財政赤字なのは、医師のような特権階級がいるために、
それが健全な財政をゆがめ、その結果、財政が赤字になり、
そして一般庶民に増税という影響で現れているのだと私は思います。

実に許せないことです。

日本の特権階級をなくさないといけないと思います。
スポンサーサイト
ある掲示板にすばらしい書き込みがあった。

626 名前:名無しさん@七周年 本日のレス 投稿日:2006/12/15(金) 02:17:35 BFgyRIRu0
まじめで純粋な一般職員に罪をなすりつけ、
あまつさえ自分たちが奉仕すべき一般市民を人質にとった
医者共の暴挙を絶対に許してはならない。
これを期に公務員医者を事務方がしっかりコントロールできる制度を作らないと。

である。

医師とは傲慢なものも多く、無法を働くことも多い。
裏金事件で、病院の裏金関与は証明されているのに自分達だけは潔癖だという医師達を見るに堪えないものがある。

そのため、このような書き込みが出てきたのだと思われる。
無法医師達を公立病院事務員がコントロールすべきという考え方だ。

私もこれには賛成である。

医局というふざけた組織がある。
これは教授が人事権を持っているので、医師を引き上げて公立病院を破壊したりして、示威行為をし、地域住民を屈服させている状態にある。

日本の勤務医は全員公務員化し、官僚・地方役人が医師の人事権を担い、医師のスキルアップなどを考えつつ人事異動をさせるべきである。

実際に、公立小中学校の教員はそうなのに、医師は医局が支配しているのはおかしいのである。医師の人事権は地方公務員に委ねるべきなのである。

優秀な武将・・・彼ら武官も
優秀な指導者層がいなければ、烏合の衆である。

彼ら武官(医師)は優秀な文官(事務)に管理統制されてはじめて100%の実力を発揮できるのである。
当然、不正を働く医師には訓告などを使用して、改心させていくのも優秀な文官の役割である。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166069791/l50

県の裏金問題で、県立多治見病院の医師22人が組織責任を問う処分の受け入れを拒否していることに関し、古田肇知事は13日、裏金問題は「組織ぐるみで生じたこと」と組織全体の一律処分に理解を求め、処分を撤回する考えはないことを明らかにした。
都内で報道陣の質問に答えた。

古田知事は「職場組織を管理する責任にある立場の人を職責に応じて濃淡のあるかたちで処分した。組織ぐるみで行われていたことに対する組織の責任の取り方ということで理解してほしい」とし、同病院でも裏金の捻出(ねんしゅつ)、費消、県職員組合への隠ぺいが行われていたことが調査で確認された、と説明した。

岐阜県庁の裏金問題で、組織責任を問われ訓告や厳重注意の処分を受けた県立多治見病院の医師22人が12日までに、処分の受け入れを拒否するとした連名の文書を古田肇知事あてに送付した。

まとめ役となった間淵則文医師は「地域医療に貢献するため頑張ってきたのに処分は遺憾だ。県庁で裏金が作られていたことは知らなかった。連帯責任を負うことはできない」などとしている。

________________________________________________________________________________________________________________________

岐阜県の裏金問題で、多治見病院の医師22名が無実を訴えていた問題ですが、病院も裏金を捻出していた証拠があるため、医師の意見は却下されたようです。

地域医療に貢献するために頑張ってきたのに・・・という医師の叫びは本末転倒のような気がします。

病院が裏金作りに関わっていたということは、医師も充分関わっていると思われます。各診療科の医師が病院の経営状況や収支状況を知らないわけはないからです。病院が裏金作りをしていた証拠もあるため、医師も裏金の存在を知っていたはずです。そのため、県は訓告したというのに、地域医療に貢献しているから無実にせよ・・・というのはいかがなものかと思います。まさに前回述べた、住民の命を盾にするやり方のような気がしますし、恩着せがましいことを言ってるようにも思います。ここの医者は、助けてやってんだ、感謝しろ、という態度で普段から働いているのですか?

また、裏金が作られていたことは知らなかった・・・ともありますが、これも誠に遺憾です。盗人が警察に捕まって、私が盗みました、と言いますか?

罪人が、私は盗んでいない。そんなこと知らなかった。というのと同じです。罪人とはいつの時代も、俺はやっていないとか私は知らないと言うものだと思います。

医師の中にも、責任や犯罪をまわりになすりつけるお役人体質があるようです。やはり、医局というものの存在が悪なのでしょう。

善は善、悪は悪とはっきり言える社会でありたい。
医師の責任回避に、真っ向からNOを突きつけた知事は偉いと思います。
こういう行動は子供の教育にもよいと思います。はっきりと駄目なことは駄目という社会・・・これが総理のいう美しい社会ではないでしょうか。
岐阜県立病院の医師22人、処分拒否 県庁の裏金問題で
2006年12月12日13時40分
 岐阜県の裏金問題で処分を受けた県立多治見病院の医師22人が11日付で、
「処分の受け入れを拒否する」とする通知書を、古田肇知事あてに提出した。

 通知書を出したのは訓告、厳重注意処分を受けた医師ら。全員の署名が添えられ、
「私たちが資金の不正蓄財に関して県政の信用を失墜した責を負う行為を行ったことはいっさいなかった」
などと記されている。

____________________________________________________________________________________

どうやら、県立病院の医師達は、裏金作りに関わっているとして、県から訓告を受けたようだが、それに反対しているらしい。22人が関わっていたというから、医局ぐるみで血税を流用していたのだろうか。

医師といえば、高級居酒屋に出入りしているような人たちである。そのお金も税金から出ていたのだろうか。

某掲示板には、このような書き込みも見られた。

>401 名前: 名無しさん@七周年 Mail: 投稿日: 2006/12/13(水) 18:34:28 ID: MWnacsNj0
>医者も辞め辞めサギだろうな。
>どうせ辞めるなんて事できないくせに市民の命を質にとって
>受験時代のプライドをよりどころに卑劣に騒いでるだけだろ。

多治見市は数十万の人口があるらしい。
そこで医者は不正をなかったことにしなければ、辞めるなどの行為を取ることもできるのである。数十万いる市民の命を盾に、辞め辞めサギという行為も可能なのであろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。